ウ ラ デ コ

松尾鉱山 緑ガ丘アパート  



松尾?






いろんな人の思い出が染みついている場所



松尾?




きびしい寒さの中で

しょっぱい汗を流し





別れの時には

しょっぱい涙を流した






松尾?





松尾?





松尾?





だがここは終わりの場所ではなく
始まりの場所だったんだと

皆 誇らしげに語る




松尾?




ヤマは消えても
思いはいつまでも残る場所





松尾?











trackback: -- | コメント: -- | edit

松尾鉱業鉄道 鹿野変電所 




松尾鉱山の関連施設



鹿野?


鉱山鉄道の変電所



外壁は色褪せてしまい

「鹿野変電所」の文字がやっと見えるかどうか…







鹿野?


通り往く列車を見守ってきたであろう面影は

もう窺い知ることもできないようだ






鹿野?











trackback: -- | コメント: -- | edit

松尾鉱山 生活学園 



松尾鉱山にあった学校




生活学園?




生活学園?




生活学園?





バブリーな時代に
転用された学校


まんまとハジけちゃったね




生活学園?




生活学園?





・・・・・・


生活学園?




生活学園?


キチガイの巣窟と化してしまったが



生活学園?




アートを感じる所もあり…

若いイマジネーションに感伏。



生活学園?







赤の部屋で出会った




この子は

今はもう居なかった。。


















生活学園?




trackback: -- | コメント: -- | edit

木細工 



9-22-9




静かな里の中にある廃校



9-22-8




むかしむかし
宮澤賢治の物語のモデルになった学校だとか。


ずいぶん古そう・・・



廊下を歩くと
床が傾いてて
踏み抜きそうになる所も




9-22-5




かなり老朽していたけど

荒らされている感じはしなかった



9-22-3




9-22-4




9-22-2




校長先生の机?


9-22-7




鍵掛板・・・


誰かがカギを全部持ってっちゃった



9-22-1





窓の外からは
川のせせらぎと共に
子供達の
はしゃいでる声が聞こえてきたような気がした




9-22-6











trackback: -- | コメント: -- | edit

江刺のヒーロー 



兄弟に出会った。


江刺


兄はなかなかイケメン


江刺?




江刺?



チワーっす☆
げんき???





草に隠れてた
恥ずかしがり屋の弟


江刺?




江刺?





でも
タイヤのピアスをしてるなんてお洒落だね♪



江刺?
trackback: -- | コメント: -- | edit

大館 1 



かつて
名を馳せた各鉱山からの注文を一手に引き受けていたのだろう



田村?



レトロモダンに
細部まで贅を尽くした建築



田村?




田村?




かなりの豪商であったことがわかる



田村?




田村?




田村?







しかし何故




田村?





田村?




なにもかも投げ出し



田村?






急にここを去らなければならなくなったのか






ついさっきまで
誰かが居たかのような




田村?














あなたは今どこに




そして何を思っているのですか





田村?









trackback: -- | コメント: -- | edit

大館 2 




田村2?



離れのほうには
研究所のような作業場が




田村2?




天井は抜け落ち

容赦なく雨が入り込む






田村2?




田村2?




大切に築いてきたものも

もう意味を成さず






田村2?




田村2?










鋭意に研究に取り組み

盛り立ててきた工員たちは


あっけない結末に
打ちひしがれ




ここを去ったのだろう




田村2?





田村2?





田村2?









trackback: -- | コメント: -- | edit

旧和賀川水力発電所 1 



何度 ラブコールをおくっただろうか

何度も 拒まれた…



和賀?



選ばれた者だけが
足を踏み入れることのできる聖域



和賀?


わたしはその
おこぼれにありつけただけにすぎない。







「白いダンスホール」が迎えてくれた


和賀?




和賀?




和賀?








和賀?




和賀?




和賀?




和賀?




和賀?









なにひとつ
言葉が出なかった


むやみに言葉で表現しても
すべて偽りにしか聞こえないだろう。




和賀?




和賀?




和賀?



この場所に立ち

生きてて良かったと感じると同時に



和賀?



ここでなら人生を終いえるのも
悪くないなんて思ったりして。








trackback: -- | コメント: -- | edit

旧和賀川水力発電所 2 




和賀?




和賀?




まるで西洋の洋館に迷い込んだかのよう



発電所というイメージとはかけ離れている




和賀2?




和賀2?



ソフトクリームをいただいた後は二階へ



和賀2?




和賀2?




和賀2?




和賀2?




和賀2?




和賀2




和賀2






配電盤室や事務室



和賀2




和賀2





和賀2



華やかな「ダンスホール」とは違い
すこし暗い雰囲気


しかし ここが
発電所の要の場所だったんだろうな。









trackback: -- | コメント: -- | edit

旧和賀川水力発電所 3 



朝まで降っていた雨がウソのように晴れ


やわらかく
やさしい光が地下にさしこむ



和賀2?



和賀2?



なんて儚くて
せつないのだろう



和賀2?




和賀2






和賀2?




和賀2?






聞こえてくるのは

轟々とした和賀川の流れのみ



和賀2









和賀2










trackback: -- | コメント: -- | edit

赤石 


赤石



人と人との出会いは一期一会なのかも。


それでいて
一生の友となるのなら
奇跡と言っても良いんだろうな



赤石1



赤石





役目を終わらせた者同士が共に暮らしている場所だった



赤石




救ってくれた相棒が先立ったら

遺されたキミは この先どうなるんだろう。。




赤石











trackback: -- | コメント: -- | edit

祭畤大橋 



一関




一瞬の出来事




一関



大自然の力には
なんぴとたりとも
逆らうことができない。



一関












ここから先は……



一関




墜ちるだけ。









trackback: -- | コメント: -- | edit