ウ ラ デ コ

地下室に眠るナイチンゲール 






ntgr01.jpg















ntgr02.jpg
















この洋館の とある場所に
目立たない小さいドアがあって

そのドアを開けると
地下室への階段があるんだ















ntgr03.jpg















降りてみると

昔のままの
手付かずの状態で
壁のレンガが剥き出しになっている
















ntgr04.jpg















ntgr05.jpg















ntgr06.jpg
















かろうじて地上の光が射し込む空間は

ひんやりとした空気と土の匂いが心地よい
















ntgr07.jpg















ntgr08.jpg















当時の物が雑然と置かれている部屋の片隅に
佇んでいたその姿は
















DSC_0055 copy
















外の世界を焦がれているようにも見えた

















ntgr10.jpg




































trackback: -- | コメント: -- | edit

UFOがある廃校 






UFO-01.jpg














穏やかで静かな ある日の午後















UFO-02.jpg
















UFO-04.jpg















きみは そんな所に居たんだ















UFO-03.jpg















UFO-05.jpg














独りぼっちで
長い時を過ごす



なにを思っている?















UFO-06.jpg















UFO-07.jpg















UFO-08.jpg















もしも
すこしだけ 時間を取り戻せるとしたら

それとも
どっか ちがう世界へ行けるとしたら


やりたいことはあるかい?















UFO-09.jpg
















UFO-10.jpg














こんなUFOみたいな不思議な機械に乗って
旅に出るのも良いかもしれない



なんてさ















UFO-11.jpg














そんな思いに耽った
ある日の午後















UFO-12.jpg


































trackback: -- | コメント: -- | edit

山の上の観覧車 






ymue01.jpg
















正夢にもならない夢ばかり見てる

すばらしい夢だよ















ymue02.jpg
















ymue03.jpg
















ymue04.jpg
















ymue05.jpg















頭の中だけの景色

どうか見せてやりたい















ymue06.jpg















ymue07.jpg















ymue08.jpg















ymue09.jpg















わたしの記憶だけに留めるのは

あまりにも惜しく





しかし
残念ながら伝えられる力を持っていない















ymue10.jpg









































trackback: -- | コメント: -- | edit

春夏秋冬のヒーロー 









kshr01.jpg















桜の下で出逢った 空色のキミ

もう居なくなっちゃったけど
元気でいますように




















kshr02.jpg










kshr03.jpg









すがすがしく晴れた日に
眩しい顔して佇んでいた二人




















kshr04.jpg










カリスマは
相変わらずオーラを出していたよ




















kshr05.jpg










梅雨空で 雨が降ったり止んだり
綺麗な花に囲まれたヒーロー




















kshr06.jpg










kshr07.jpg









夏のはじまり
暑くて ちょっと項垂れていたのは
わたしも一緒だった





















kshr08.jpg










kshr09.jpg










ファイル 2016-12-19 16 24 11










kshr11.jpg









陽炎がゆらゆら
まるで蜃気楼みたい

こんなに素敵なヒーロー達に逢えたのは
幻だったのかも





















kshr12.jpg










kshr13.jpg









葉が色づき
枯れ果てる手前

何年か前に逢ったときよりも
ずいぶん貫禄が出たね




















kshr14.jpg










晩秋の夕暮れ時
何かを伝えたい 寂しい表情をしていたんだ

そのすぐ後で
もうキミは 居なくなってしまってた





















ファイル 2016-12-19 16 24 40










kshr16.jpg










そして冬がやってきた



静かに ひたすら耐えて
新しい春を迎えるために


眠りにつき 長い夢をみる



































trackback: -- | コメント: -- | edit